女性用バストアップ福岡男性セラピスト出張マッサージアロマエステ

福岡出張男性セラピスト施術マッサージ胸の大きな女性用エステ垂れないアロマトリートメント

女性向け福岡博多バストアップ男性セラピスト出張アロママッサージエステ肩こりや腰痛、冷えや脚のむくみ、精神的なお疲れ等に効果的。
お部屋でもアロマを楽しみたい方必見長時間使えるディフューザー♪おすすめランキング10選

◎血行を促進するアロマトリートメントで張りのあるバストに
形の良いバストに欠かせないのが体の巡り、つまり血流を良くする事です。アロマトリートメントは胸の張りを改善するだけで無く、デコルテを美しく整える効果も期待出来ます。先ずは背中のアロマトリートメントです。背中から肩にかけてのマッサージを行う事で詰まったリンパを流します。バストに栄養が行き渡りやすく成るようマッサージをする事で正しくバストアップできる土台を整えます。

バスト周りは腕のマッサージから行います。肘から二の腕、そして、腋下へと順々にリンパを流します。腕とバストは深い関係にあり、ここに溜まってしまった老廃物をきちんと流す事でバストに栄養がスムーズに巡るように成ります。バスト周辺がしっかり解れたら、片側ずつバストのマッサージを行っていきます。乳腺を丁寧に刺激していきます。乳腺は刺激する事で自活力を上げ、乳腺の生育を促進していきます。サイズアップは勿論の事、張りや形のお悩みを解消します。

バストは、主に母乳を作る事を目的として成長します。バストには血管やリンパ管が多く通っているのですが、これは母乳を作る際に血流やリンパの流れが必要と成る為です。乳頭から放射状に伸びる乳腺も母乳を出すために必要な組織です。乳腺は授乳時に膨らむのですが、乳腺近くに皮膚や筋肉があっては、それが邪魔をして乳腺が発達出来なくなります。そのために乳腺周りには脂肪がついており、乳腺が発達する為のスペースを守っています。この乳腺周りの脂肪によって女性特有のバストの膨らみが造られているのです。又、胸部にはクーパー靭帯という膜状の組織があり、これが胸部の乳腺や脂肪組織を支えています。

バストの形を保つために重要なクーパー靭帯には伸縮性が無い為、1度伸びたり切れたりすると元に戻る事が出来なくなります。クーパー靭帯が伸びてしまう原因は成長期や授乳期にバストが大きく成ったり、加齢等です。これらの原因によってクーパー靭帯が伸びてバストを支えられなく成ると垂れて戻らないという事に成ってしまいます。クーパー靭帯の損傷は加齢等の避けられない要因によって起こる為、完全に止める事は不可能です。しかし、血流を良くして老廃物を排出する等の方法で、ある程度の予防は可能だと言われています。

◎人によってバストの大きさが違うのは
バストの大きさは思春期から成人期にかけて分泌される女性ホルモンによって決まります。女性ホルモンは乳腺を発達させる為に欠かせない物です。女性ホルモンによって乳腺が発達すると、その周りの脂肪も増える事でバストが大きく成ります。バストの成長には遺伝も関係しますが、女性ホルモンは生活習慣に左右されるので成長期の過ごし方もバストサイズの影響に繋がります。睡眠不足も女性ホルモンの分泌を妨げる大きな原因に成ります。

又、食生活の乱れやストレスも思春期の成長に影響を与えます。この様な要因によってバストサイズの差が生まれます。多くの場合、初潮を迎える少し前から膨らみ始めます。そのくらいの年齢から女性ホルモンが多く分泌されるように成り、18~20歳頃には分泌のピークを迎えます。


◎バストアップには女性ホルモンの存在が大きい
バストの成長には遺伝だけで無く、女性ホルモンが大きく関わってきます。女性ホルモンを分泌する為に健やかな生活を送る事も大事に成ります。女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類に分けられます。2種類のホルモンバランスは脳からの指令により保たれていますが、このバランスは環境や栄養バランス等で簡単に崩れてしまいます。

急激な体重減少や栄養不足は女性ホルモンの分泌を妨げる原因と成ります。急なダイエットによって生理が止まってしまう方も居ますが、それも女性ホルモンの影響です。又、ストレスや睡眠不足もホルモンバランスの大敵です。なかなか難しいかもしれませんが、ゆっくりとリラックスする時間や充分な睡眠時間を確保する事も大切です。体の冷えも血行不良や卵巣への悪影響をもたらします。

バストマッサージ(アロマトリートメント)する事で胸の形を整える事が出来て、さらにハリ、弾力、ボリューム感のある美しいバストへと導く事が出来ます。バスト周りをマッサージする事により血液やリンパの流れが良く成ると女性ホルモンの分泌が活性化されます。

◎アロマセラピーについて
香りが、どのようにして心と体に影響を与えるでしょうか。まだ、研究段階ですがアロマセラピーの効果のメカニズムは大きく分けて3種類ある言われています。

香りは、先ず、鼻から脳の中枢で在り、ホルモンや免疫系の分泌を促すよう指令を出す働きの大脳辺縁系へ届きます。そして、心身にも働きかけます。肉体的には免疫系やホルモンの分泌をコントロールする部分にアクセスをし、精神的には記憶や感情、情動を携わる部分に関わります。次に同じく鼻を経由して肺に届き、そこから血管を通って全身に香りの成分が運ばれていきます。そして皮膚を通して毛細血管に吸収され、体液の流れに乗って芳香成分が器官や組織に拡散されるという物です。体内に入った芳香成分は、やがて尿や汗、呼吸を通じて最終的には排泄されます。

どの場面でも香りが持つ様々な有効成分が、肉体面と精神面どちらにも働きかける事がアロマセラピーの最大の特徴です。香りの成分だけではなく、香りそのものを感じる事が重要に成ります。良い香りと感じた事により気持ちが和らいだり、良いホルモンが分泌される事で心も体も改善されていくと言う理由です。


◎アロマトリートメントについて
筋肉の緊張を解し、リラックスさせるのがマッサージです。これに精油の香りがプラスされる事で、よりリラックス効果が高まり、皮膚を通して有効成分が体に浸透していきます。さらに血行を促して肌を滑らかにしたり、リンパ液の流れをスムーズにする効果も有ります。リンパ液は細胞から排出された老廃物や水分を回収して浄化します。そして、尿として体外に排出させる働きを行います。この流れが滞ると浮腫みや疲労の原因に成ります。

アロマトリートメントに使う精油は、精油だけを肌に直接つける事は出来ない為、他の植物油(キャリアオイル)で薄めて使います。精油はキャリアオイルによって刺激が抑えられ、肌に浸透しやすく成ります。より効果を高める為には肌が清潔で血行も良くなっている入浴後がお薦めです。体が温まっている事でアロマオイルの浸透が良くなるからです。

リンパには細菌等を退治し、体を病気から守る働きがあります。リンパ節がフィルタの役割を果たして老廃物や細菌を濾し取って、風邪をひいたり病気に成らないようにします。又、リンパには老廃物を回収するという重要な役割も有ります。老廃物は静脈に取り込まれて心臓まで戻っていきますが、静脈に入りきらない溢れた分の老廃物はリンパ管に流れ込み、リンパ液と成ります。アロマトリートメントは、このリンパの流れを手助けして体内の老廃物を早く排泄させる物です。老廃物の無い体は美容と健康には必要不可欠な事です。


◎女子力アップ
美しさの鍵を握るのが女性ホルモンです。その代表格であるエストロゲンは肌の新陳代謝にも関係します。エストロゲンは豊かなバストやヒップ等丸みの有るラインをつくる働きをします。肌の張りを保ち、コラーゲンの再生能力を高める働きも有り、美肌つくりには欠かせません。エストロゲンは脳の視床下部から放出されます。視床下部は性腺刺激ホルモン等、各種ホルモンの分泌したりする自律神経の中枢に成ります。他には摂食行動や飲水行動、性行動、睡眠等の、中枢及び怒りや不安などの常道行動の中枢でもあります。

視床下部はストレスによって大きな影響を受けます。ストレスによって視床下部の機能が低下すると、ホルモンバランスに悪影響を及ぼし、各種疾病を誘発したりイライラや不安等の精神面もダメージを受けます。女子力を高めるには視床下部の正常な働きを促し、ホルモンの分泌を高める事が必要不可欠に成ります。又、男性が施術する事でアロマのリラックス効果と共に視床下部に対して適度な刺激が加わり、視床下部が、より活性化しエストロゲンの分泌を促す事も期待出来ます。男性の手は女性に比べて面積が広く、体温も高めに成っています。この事によりアロマの成分の皮膚組織への浸透も大変、有効に成ります。

施術は圧擦法を用いると筋肉の疲れにもアプローチ出来ます。しかし、痛みを伴う事はありません。重要なリンパ節のある腋下と鼠径部も施術する事で心理面から軽度の興奮を促して女性ホルモンの活性化へのアプローチとしていきます。

↑このページのトップヘ