女性用バストアップ福岡男性セラピスト出張マッサージアロマエステ

福岡出張男性セラピスト施術マッサージ胸の大きな女性用エステ垂れないアロマトリートメント

女性向け福岡博多バストアップ男性セラピスト出張アロママッサージエステ肩こりや腰痛、冷えや脚のむくみ、精神的なお疲れ等に効果的。
お部屋でもアロマを楽しみたい方必見長時間使えるディフューザー♪おすすめランキング10選

エッセンシャルオイルなどを使って植物の力でストレス解消したり、リラクゼーション効果を得たりするのがアロマセララピーです。

バストアップにも効果的です。
芳香を意味するアロマと療法を指すセラピーを組み合わせた造語がアロマセラピーです。アロマセラピーによってバストアップが期待できますが、どんな香りでも吸うだけでバストアップできるわけではありません。使用するエッセンシャルオイルの香りによって効能が異なります。女性ホルモンのバランスを整えたり、女性ホルモンに似た働きをしたりする、数種類のエッセンシャルオイルを利用したときに、バストアップ効果が期待できます。

バストアップには、エストロゲンという女性ホルモンが関係しています。バストを構成する乳腺にエストロゲンが作用して乳腺が発達し、乳腺のまわりに脂肪がつくことでバストサイズが大きくなります。ストレスや睡眠不足、子宮の冷え、姿勢の悪さ、運動不足などが原因でホルモンバランスが乱れるとエストロゲンの分泌が少なくなることがあります。アロマセラピーはストレスを和らげたり安眠へ繋げてくれたりする効果があることで知られていますよね。エストロゲンの分泌を助けたり、直接作用したりするエッセンシャルオイルもあります。アロマセラピーの効果とエッセンシャルオイルの効能をあわせ、女性ホルモンの分泌を安定させることでバストアップの効果を発揮できるのです。

認知症の予防には乳製品と緑茶がおすすめです。

認知症のリスクが下がる習慣が乳製品です。認知症を発症しにくい人たちは、乳製品や大豆製品を多くとる傾向にあります。牛乳や乳製品に含まれるカルシウムやマグネシウムに予防効果があるといわれます。緑茶も認知症予防で注目されています。お茶には渋み成分のカテキンや、うまみ成分のテアニンが含まれています。このカテキンやテアニンは、認知症を予防することが基礎的な研究で明らかになっているのです。

さらにカテキンの一種でエピガロカテキンガレートという成分には、認知症の原因である神経細胞死を抑えるといわれています。EPAやDHAといったサバやイワシなどの青魚に含まれている脂も有効です。緑黄色野菜のビタミンEやビタミンC、βカロチンが、認知症の発症リスクを抑える研究報告もあります。

アロマセラピーで認知症が改善
アロマセラピーを使った認知症予防もあります。アルツハイマー型認知症の早期の段階では、嗅覚障害が最初におこって、それから海馬の障害がおこります。海馬に障害が発生すると記憶力の低下や物忘れがおこるのです。理論的にいえば嗅覚神経に障害がおこりながらも、まだ海馬の神経に異常が生じていない段階で嗅覚神経を刺激することができれば、それが究極の予防ができるということになります。
image

アロマテラピーの最大の効果はリラックス&リフレッシュ効果です。

アロマテラピーに用いられるエッセンシャルオイルの香り成分は、鼻の奥にある神経を刺激し、電気信号となって脳の大脳辺縁系に作用します。大脳辺縁系は感情や記憶をコントロールする場所であるため、香り成分で直接脳に刺激を与えることで、緊張を和らげたり、逆に活性化したりすることができます。選ぶエッセンシャルオイルによって、リラックス効果が高いものと、リフレッシュ効果が高いものがあります。

リラックス効果の高い香りは、不眠症対策など睡眠の導入に用いたり、うつ病などの精神疾患の治療に役立てたりします。一方、リフレッシュ効果が高いものは、脳を活性化させる作用を利用し、作業効率を上げたり、記憶を高めたりするのに用いられます。

女性ホルモンのバランスを整える効果
アロマはストレスなどによりホルモンバランスが乱れている女性によい効果をもたらします。

女性ホルモンには卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲステロンの2種類があり、それぞれがバランスを取っています。それを司るのが脳の視床下部で、ストレスがかかるとホルモンのバランスも崩れやすくなります。香り成分は視床下部を直接刺激しホルモン分泌を正常な状態に戻すように働きかけます。

女性ホルモンのバランスを整える目的であれば、お風呂にエッセンシャルオイルを数滴垂らし、鼻と皮膚の両方から成分を吸収できるようにするとよいでしょう。体が温まり血行もよくなるため、相乗効果が期待できます。

美白や保湿でアンチエイジング!
アロマテラピーには美白や保湿効果も期待できます。エッセンシャルオイルの中には、皮脂の分泌を調整したり、皮膚を浄化したりする作用の強いものがあります。また、保湿効果の高いものや美白効果の高いものあり、上手に利用すると、しわやシミができるのを防ぐことができます。さらに、ベースに植物性オイルを用いるため、エッセンシャルオイルの有効成分に加え、肌へのマッサージ効果と保湿により、ダメージをケアしてターンオーバーを正常化する効果も期待できます。

感染症やアレルギー疾患の予防や症状の軽減にも!
アロマテラピーに用いるオイルの中には、強い殺菌作用や抗菌作用を持つものがあり、それらを用いることで、炎症を軽くしたり感染を抑えたりすることもできます。脳に働きかける香り成分の中には、痛みを和らげる鎮痛作用を持つものもあります。しかも、香りには自律神経のバランスを整える作用を持つものが多いため、それらがホルモンの分泌を助けることによって、免疫力や抵抗力を高めて病気の発症を防ぐことができるのです。

↑このページのトップヘ