女性用バストアップ福岡男性セラピスト出張マッサージアロマエステ

福岡出張男性セラピスト施術マッサージ胸の大きな女性用エステ垂れないアロマトリートメント

女性向け福岡博多バストアップ男性セラピスト出張アロママッサージエステ肩こりや腰痛、冷えや脚のむくみ、精神的なお疲れ等に効果的。
お部屋でもアロマを楽しみたい方必見長時間使えるディフューザー♪おすすめランキング10選

体のコンディションとホルモンバランス

ホルモンバランスを保つことは、大変重要です。女性の皆様の、体・心・肌などすべて女性ホルモンによってコントロールされています。女性ホルモンが低下すると生理痛、頭痛、腹痛、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の不調がおきます。イライラ、不安、不眠、物忘れなどの心の不快症状が出てきます。乾燥、吹き出物、シミ、シワなどの肌のトラブル、老化これらは、すべて女性ホルモンの影響です。


女性ホルモンの調整に
男性のアロマセラピストによるアロマトリートメント
がオススメです。

アロマセラピーの効能

テーマ:

香りによって私たちの心と体を癒してくれるアロマセラピーですが、いったいどのように香りが体の中に作用するのでしょうか?その効果と効用について説明していきましょう。
 
香りを感じるということ。
空気中にある何らかの香りが成分と共に私たちの鼻へと入っていきます。その香りは電気信号で大脳に伝えられ意識となって香りを感じます。 自分にとって好きな香か嫌いな香などの感覚によって不快になったり心地良くなったりします。アロマセラピーで使われる精油の香り成分も同じように大脳まで届けられます。

自律神経の最高中枢とも言われる視床下部にも作用するので、自律神経を調整してくれます。 心地良い香りをかぐとリラックスするのは、この自律神経に作用しているためです。
また、精油には薬用効果もあります。性静脈から吸収された香り成分は、臓器などにも働きかけます。 精油を用いてマッサージをすると、アロマの成分が体の表面からも吸収され、マッサージとの相乗効果により心と体にもよい効果をもたらします。
 
アロマセラピーには実にたくさんの香りがあります。香りによって精神的作用も違うので、自分のその時の体調にあわせて選んでいくとより高い効果が得られます。 精神的疲労を感じている時に使用する精油やイライラする時に使用するもの、ストレス解消のための精油、不眠の時に使用する精油など多種多様な精油があります。 様々な香りを試し、自分にとって最高の精油をみつけられれば、より高い効果を実感できるでしょう。
 
アロマの香りの効果

アルツハイマー認知予防に

テーマ:

ローズマリーの香りには、刺激作用や頭脳明晰作用があるため、神経を刺激して集中力や記憶力を高める効果があります。心が疲れている時や気力が湧かないときなどにもよいでしょう。仕事や勉強にオススメの精油です。さらに最近、ローズマリーなどの香りを嗅ぐことで、アルツハイマー型認知症の予防と改善につながる可能性があることがわかったのです。

認知症になると匂いを感じる嗅神経が最初にダメージを受けます。この嗅神経を香りで刺激することで、機能の再生が図れるというのです。認知症ではなくても、脳の若返り効果が期待できるので、最近物忘れが気になる……という人にも良いということです。脳の機能は、40代ぐらいからジワジワと衰え始めます。早めの予防ケアを始めてみる価値はありそうです。

脳への影響

アロマリラックス

↑このページのトップヘ