睡眠不足を解消するためには、 深い睡眠をとること が必要です。

深い睡眠をとるためには、深い睡眠を阻害する要因を遠ざけることが大切です。深い睡眠を阻害する要因には、次のようなものがあります。

日中に強いストレスの環境の中で活動し、その状態を解消しないまま寝床に入る

就寝時間・起床時間が不規則

食生活が偏っている

肥満気味

就寝前1時間以降もスマートフォンやPCを使い、強い光の刺激を浴びている

カフェインの入っている飲料を就寝前に飲む

就寝4時間前以降に食べ物を食べる

朝太陽の光を浴びない

就寝前1時間以降も仕事や勉強など頭を強く働かせている

鬱病などを患わっていて、不安やストレスを強く感じている

運動する習慣がない

寝酒をしている

合わない枕やベッドを利用している

寝室がうるさい

ニコチンを大量摂取

これらの行動は、あなたの脳を興奮させ眠れなくする要因になることや、体内リズムを乱す要因になることがあります。

深い睡眠を取るための準備をする

深い睡眠を得るためには、 心身共にリラックスした状態になること が必要です。

睡眠時、人は副交感神経が優位に立っているとてもリラックスした状態になります。私達は普段、交感神経が優位に立っている脳が覚醒した状態にあります。