心地よい香りが魅力のアロマは、癒しの効果はもちろん効能も豊かで女性に人気です。そんなアロマを使ったマッサージにはさまざまな効果があります。アロマセラピーのオイルマッサージは、その魅力的な芳香成分とタッチングの刺激によって相乗効果があるため、心と体を同時に癒してくれます。

心を癒すアロママッサージ
皮膚は脳神経とつながる終末器官です。そのため、リラックス効果のあるアロマの香りと心地よいマッサージを施すことで脳を介して心にも働きかけるのです。また、各神経のバランスをとる効果もあるため、心の落ち着きや疲労感を取り除いたりといった効果があります。皮膚表面には免疫細胞があります。この免疫細胞は刺激したり温めることで活性化するため免疫力を上げてストレスに強くなります。

痩せやすい体をつくる
アロママッサージには体に溜まった老廃物の排出を促す効果があるため痩せやすい体をつくります。さらにそのデトックス効果によって肌をスベスベにする効果も期待できます。

血管やリンパ液の循環を促す
アロママッサージを行うと血行を促進するため、新鮮な血液や栄養素を各細胞に届けることができます。また、老廃物や疲労物質を回収するリンパ液を刺激することで肝臓や腎臓に老廃物を迅速に届けることができるため新陳代謝を促す効果もあります。

筋肉や関節を柔軟にする
適度な刺激を送るアロママッサージは、筋肉を柔軟にする効果があるため筋肉の強化につながります。筋肉を柔軟にすると関節が動きやすくなるためケガの予防にもつながるのです。さらに運動時に発生する乳酸や疲労物質の除去を早めることもできます。

消化器系のトラブルを予防する
不安やストレスによって胃腸の痛みが引き起こされるように、消化器官はストレスの影響を受けやすくなっています。アロママッサージによって胃腸に優しい施術を行うと胃腸の運動を高めたり消化液の分泌を整える効果があります。そのため胃痛や胃もたれなどの消化不良を緩和したり便秘の改善にも効果的です。

皮脂腺の働きを高める
アロママッサージに用いるエッセンシャルオイルや植物性の有効成分は、マッサージによって体に浸透していきます。それにより各細胞まで有効成分が届けられるため、皮膚の潤いや弾力を高める効果があります。さらに、皮脂腺の働きを高める効果があるため肌の色つやを良くすることもできます。